« ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (2) | トップページ | まりあ†ほりっく 3 »

東方SS読んだ 少女材料ほか

 そういえばプチのほうは一ヶ月ほども読んでなかった。

真型・東方創想話作品集 57
・手品師と人形遣い  S.D.
咲アリだーと節操なく喜んだ。咲夜さんをちょっと少女趣味っぽくしてるかな。きっかけと、ささいなひと時とで構成されていたけれど、なかなか自然にやわらかい咲夜さんってのもいいなと。

・痣が残る程に  ねじ巻き式ウーパールーパー
気のせいか、最近霊文が印象に残るような。寿命話でもあるけれど、霊夢だからなのか、それとも博霊の巫女だからなのか、そういう話でもあるなーと思いました。そう見ると、今回は文に特にあらわれてはいますが、同じ行動をとるのが文に限られない、霊文にかぎられてないわけで、先の話としておもしろく感じられました。

・黎明  Seji Murasame
なんとなくみずたたきさんとこの同人誌を思い出した。情景と、それが移り変わる様子がいいな。真冬から次第に春へ向かう、その移り変わりが景色と登場人物たちの行動から素直に感じ取れて。

・天空のデリカテッセン (前)  反魂
最近実験作が多いかな、という印象だったけれど、今回はそういうわけでもなく?俗人の常識から外れたさまに十分笑えつつ、笑える行動が懸念と思案の種になり続いていく、衣玖さんの天子を見る目に変化を加えていくという展開がなかなかおもしろく。どのような結末に、感情に至るのか、過程が楽しみです。

・北京の蝶の羽撃きが紐育に嵐を齎す小話  ねじ巻き式ウーパールーパー
藍さまの気が触れたようです。

・バックストーリー  顧みる者
たまにはこんな設定の紫もいいね。

・ふうじんしょうじょ  電気羊
外での早苗さんの特別と、幻想郷での早苗さんの普通との対比がなかなかおもしろく。

・星空と少女  小宵
これはよい特別なイベントのない秘封。特別がなくても描ける、関係がわかるってすごいと思うのです。

・少女材料  salome
人形遣いの強調がいいなぁ。意識的な行動によるアリマリに注目しても十分にごちそうさまというものだけれど、無意識として人形遣いを発揮し操るという視点でみるとぞくりとくる。そして、にとりと紫の描かれ方がすばらしい。紫のうさんくさくて理解できない怪しさと妖しさの表現がすごい。


真型・東方創想話作品集 56
・しすこん。  白
これはよいしすこんな秋妹。姉への評価に不満を持つ妹と、情景や役割の表現がいいなと。


真型・puti作品集 29
・美しき人間の日々  つくし
タイトルがいいなぁと思った。妹紅のいつもの日々なのかーと読んで、タイトルを見返して、いいなぁと。

・河城にとりの窮屈  弱
このオチは予想外だった。

・純ブライダル  司馬漬け
うん、いくらなんでもそれは。吹きだしてしまったのでまけ。

・メイド長アパレル事情  無線操り人形
確かに、常にメイド服だとして特に疑問がわかない。

・天子と衣玖さんの他愛もないやりとり  kt-21
他愛もないけれど、当人たちにとっては他愛もないというわけでもないですね、はい。

・安楽椅子探偵は闇夜に微笑む  ちょ~さ
メタを入れたコメディがおもしろかったです。無理矢理をサクマリだからとかレミレイだからとか、すばらしい解決方法(笑)


真型・puti作品集 28
・なんでもない一日  ちょ~さ
フィーバーな人視点ってけっこう珍しい。なんでもない一日というのが、フィーバーな人でなくてその他の人にとってのなんでもない一日を指しているのがなかなか。まったりとよい一日を味わえました。

・君の髪に詠う我が心  間歇泉
あまい。アリマリに持っていかれたというか、魔理沙ずいぶんとふぇちぃな。

・Rain  白
なんておもわせぶりな。けれど叩き崩してからの雰囲気はけっこう好きです。

・異変再び  はむすた
こうまかんがたいへんなことに。キャラ追加パッチ出たりするのかな。

・美味しいキノコはキスの味  みつば
えろいな。

・プラム・レイン  まのちひろ
こんな梅雨なら悪くない。見える関係と空気がいいな。人間三人の空気が。

・アリスのうららかな一日  樽合歓
もうこの関係はたまらんです、はい。アリスのお株を奪うような周囲の少女っぷりがもうだめだ死んでしまう。

|

« ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (2) | トップページ | まりあ†ほりっく 3 »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方SS読んだ 少女材料ほか:

« ソード・ワールド2.0リプレイ 新米女神の勇者たち (2) | トップページ | まりあ†ほりっく 3 »