« 東方SS読んだ 天空のデリカテッセン (後)ほか | トップページ | 日記:Debian入んなくてUbuntuでだばぁ回避 »

memo: ubuntuで印刷

 ubuntu 8.04 (x86-64)で。設定もなにも「印刷」開いて聞かれるまま進んでいけばすむ話ではあるが、古いプリンタだからかそれじゃうまくいかなかったのでめもっておく。プリンタは Xerox Phaser 8500DNで、すでに生産されてないようだ(印刷設定のドライバ一覧になく、他のxeroxプリンタのドライバをてきとーに選んでもなんとかなってくれなかった。まあこれは当然か)。

 富士Xeroxにページは生きていてドライバは落とせるのでunix or linux用のドライバを落とす。
 展開してreadmeを読むと丁寧に細かく書いてて迷うことなく進めると思いきや、install.shの実行でつまづいた。
 /usr/share/cups/model なんて存在しねーよぼけ(意訳)と怒られて終了する。

 readme読むに、たぶんこのinstall.shは同ディレクトリ内の ppds/ 以下の選択したドライバを展開して上記の場所にコピーするだけで、cupsの設定までは行わない(今はもう手元にファイルないのでうろ覚え)。

 なので同じようなことを手作業で実行する。
 ppds/内から目当てのドライバをコピーして展開する。
 後はgnomeの「印刷」開いて設定していき、途中のドライバ指定で先ほど展開したドライバを指定してやればよい(すると /etc/cups/ppd 内に [プリンタ名称].ppd として指定ドライバがコピーされる)。

 古いからか、印刷の設定項目の文字部分が空白になってしまっているが(両面印刷どうこうとかのあたり)、印刷の際にコマンドを見る、または端末から印刷するようにすれば問題はないと思われる。テスト印刷、.dvi印刷、(以下は端末から実行).pdf印刷、および両面印刷に日本語含むファイルのいずれも大丈夫だったので、普段使ってる範囲では問題ない、はず。

 注意点:
 adobe readerの問題なのかプリンタ設定の問題なのかよくわからないが、acroread上から印刷しようとするとプリンタのプロパティの印刷コマンドを変更できず、またその指定がなぜかトレイ1を指定している。普段はトレイ2しか使用していないため、プリンタにおもむいてトレイ1を引っ張り出して手差しで印刷を実行するはめになる。sudoでも同様。
 よくわからないので保留。端末からの指定は有効だったので、pdfファイルを印刷する場合は端末から行う。多少不便だが、pdfファイルを印刷できないわけではないので、よしとする。メインの使用がpdfファイルの印刷であるわけじゃなし。


 ちょっとまえまでgnomeは重いからやってらんねと思ってたけれど、スペックが十分にあればGUIで機能豊富なのが便利やね。

追記:普段の端末からの指定は
lp -P 1-3 -o Duplex=DuplexNoTumble test.pdf
な感じ。lpr文法だと-Pがprinterの名前を示すのだったか。今はlpなのでページを示す。
 epsonのプリンタを新しくつなごうとしたらアヴァシスでlinux用ドライバーが提供されてはいたのだけれど、32bit用で、64bitのUbuntuだと途中でとまってどうすればよいかわかんなくなったので断念。印刷は仮想化したwindowsからやることにした。なので端末からの指定を忘れてもいいように残しておく。

|

« 東方SS読んだ 天空のデリカテッセン (後)ほか | トップページ | 日記:Debian入んなくてUbuntuでだばぁ回避 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: memo: ubuntuで印刷:

« 東方SS読んだ 天空のデリカテッセン (後)ほか | トップページ | 日記:Debian入んなくてUbuntuでだばぁ回避 »