« 赤朽葉家の伝説 | トップページ | ICO-霧の城- (小説) »

マルタ・サギーは探偵ですか?7

 マルタ・サギーは探偵ですか?7 マイラブ
 著:野梨原花南 絵:すみ兵  富士見ミステリ

 終わらせたくないなぁと読み出すのまでに少々渋った。最終巻。

 web kadokawaにあった内容紹介となんか違うくね?と思い始めたところで発動なマルタはばかだなぁに焦る。いやいや、ここまできてそれはないよ。中身が大人になったマルタに、そんな行動は望んじゃいない。

 バーチが動揺してるのを見るのは楽しいなー。いい話にまとめすぎな、デアスミスのあたりをぬるくしすぎな感はあるけれど、でもまあいいや。マルタにはこれくらいのぬるさがちょうどいい。ばかだなぁって和むマルタが、行動力ついた立派なやつになったじゃないか。最後またうじったけれど、派手にひっくり返してらぶいからもうかまわない。

 長編1巻2巻のころに短編はおもしろいんだがなーとおまけ扱いしていた長編を、いつのまに楽しみに待つようになっていたのやら。ほんとう、おもしろくて、楽しかったぜ。

|

« 赤朽葉家の伝説 | トップページ | ICO-霧の城- (小説) »

富士見ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルタ・サギーは探偵ですか?7:

« 赤朽葉家の伝説 | トップページ | ICO-霧の城- (小説) »