« 日記:Linux標準教科書を読んだ | トップページ | 日記:途中 »

東方SS読んだ お疲れババァ!ほか

真型・東方創想話作品集 59
・笑顔で人は殺せる  幻想と空想の混ぜ人
あの笑顔はすばらしい。同じような悩みで以前アリスに相談な幽香がいたけれど、魔理沙に相談だとこうなのですね。

・ただ、それだけの一日。  桜田
タイトルままの内容だった。それがすばらしい。早苗さんと咲夜さん、サクサナとはこれはこれでとちょっと腐る。

・『げぼく』  蕎麦犬
涙目チルノに罪悪感とは、さすが衣玖さん常識人。と思ってしまったのは、なにかねじれてるように思わなくもなく。ってか、どんなプレイをしてますか、紅い屋敷の主従は。

・亡き王女の為のケツバット  goma
カリスマだだ漏れにもほどがある。『よこもちのレミリア』(笑)。

・お疲れババァ!  aho
のっけから吹き出して、次はしんみりと。しかし、笑いの内容としんみりの内容と、つながっているのが見事。笑いをもたらす積み重ねた歳月の提示が、同時に感慨を与える。すごいな。

・酒と暑さと女と女  RYO
よっぱらいどもめ。けれど、その思考は、わかる。そういえばここしばらく日本酒飲んでないなぁ。

・餞  C-7
地霊殿で勇儀だけれど、設定を考えるとどうなんだろうなと、多少思わなくもなかった。けれど、雰囲気はけっこう好きです。

・かぐやひめさまにたりないもの  天福
平和で、ゆるゆると、なにか、ゆっくりになる。きれいな一日だ。

・バックドロップは八雲式  PNS
八雲一家だ。変化の自覚がおもしろいなー。

・おいでませ幻想郷  3
まさに、してやられたという気分。場の利用が実に見事です。

・山のあなたの空遠く  キロリ
東方は物語でなく設定で構成されているから、かもしれない。現実では叶うことのない、「今」が永遠に続くことが(一面としては)約束されている。だから逆に、抗うことのできない時間経過が映えるのかも。最も人間らしい魔理沙であればなおさらに。…とかね。

・太陽の畑にて鬼と月を望む  蕎麦犬
いい空気。

・向日葵畑で会いましょう  山葵沙月
妖怪で、そしてフラワーマスターという人(?)となりが全体から感じられるような、そんな話に思いました。コメの28であふれてるかなーと思って見返したけれど、そうでもないのね。

・いっそ食べてしまいたい  お腹が病気
キャーイクサーン。美味しそうだよね、天子のは。

・偶数の館  yuz
レミリアなのにれみりゃがみえる。ほのぼのにとろけそうだ。

|

« 日記:Linux標準教科書を読んだ | トップページ | 日記:途中 »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方SS読んだ お疲れババァ!ほか:

« 日記:Linux標準教科書を読んだ | トップページ | 日記:途中 »