« リバース・ブラッド (3) | トップページ | フォー・リーヴスは本気のようだ »

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1)

 ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1)
 著:藤澤さなえ、グループSNE  絵:笛吹りな  富士見ドラゴンブック

 プレイヤー側が書いた、ということでもそんなには感覚変わらないなと当初は思っていた。けれど、やっぱり多少感覚が違って、これはこれでおもしろい。

 書き手の視点がプレイヤーになったことで、より中の人的な、「リプレイ」的なものになったとも思う。これ以外だと、プレイヤーキャラの中の人というのはほとんど意識することなく、ほとんど完全にロールプレイが成立してるように感じていた。つまりは、GMの存在はあれど、より小説的に読んでいたし、感じていた。演じられたキャラクターという意識や中の人という意識が薄かった。プレイヤー側の考えが行動だけでなく見えてくることで、多少他よりもTRPGを遊んでいる現場という雰囲気が強いかな。

 どこで見た言葉だったか忘れたけれど、ライブ感を売る方向ってやつかー、と。

|

« リバース・ブラッド (3) | トップページ | フォー・リーヴスは本気のようだ »

リプレイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1):

« リバース・ブラッド (3) | トップページ | フォー・リーヴスは本気のようだ »