« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1) | トップページ | 平均2年 »

フォー・リーヴスは本気のようだ

ぼーっと数日分のRSSを眺めていて見つけたのだけれど、2008 第48回全日本模型ホビーショーレポ コトブキヤブースの中段くらい、

パネルにて告知されていたフォー・リーヴス2009年の新作は、左から「はぴねす! 渡良瀬準」「夜勤病棟 七瀬恋」「かのこん 犹守望」のようですね。

>「はぴねす! 渡良瀬準」
 こ、こいつは。

 コトブキヤのフォー・リーヴスは、コトブキヤという名前ままだと思い切って舵を切れなかった分野(萌えエロ方向。エロのまえに“萌え”なんてつけるのはもにょるところもあるが、しかし実際として直球エロとは区別されるべきだと思う)に本気で突っ込んできたなという印象を持っていた。なかなか強力なのを出してくるなと最近注目しつつ、まだ手を出してはいなかったのだが、こいつはキャラ名聞いただけで予約はまだかと探してしまった。
 なんてこった。凶悪なものを用意してやがる。

(……ただその前に、向坂環-誘惑-を買ってしまいそうな予感がものすごーくする。肌色成分多いものはあまり手を出さない(肌色が多いと他よりも“嘘”が気になってしまうのか、意外にがっかりが多いので)のだけれど、これはまずい気がする。誘惑に耐えられない予感がする。)


 コトブキヤの4-Leavesとはに、

1) フェティッシュなシチュエーションへ情熱をそのまま造型に注ぎ込みます。
2) キャラクターや作品の持つ魅力を最良に引き出すシチュエーションを追求します。
3) 多くのファンが望みながらも、商品化の機を逃してしまった作品やキャラクターもフィギュア化の可能性を探します。
4) 造型に対するときめきやドキドキに巡り逢えたあの頃の衝撃を具現化します。

ってあるわけだけれど、2)が気になります。他の製品の立体化形状から、否応なく、期待するけれど、しかしこいつは、ああ、いやまて、いやしかしナニが、いやいや、だがしかし、、、、、、、


追記(10/20):
 萌えよ!アキバ人ブログの記事だとシルエットだけか。となると、キャラの情報はシルエットからの判断なのかな?

|

« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1) | トップページ | 平均2年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォー・リーヴスは本気のようだ:

« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (1) | トップページ | 平均2年 »