« 生活保護VSワーキングプア | トップページ | 聖痕のクェイサー 6 »

リバース・ブラッド (4)

 リバース・ブラッド (4)
 著:一柳凪  絵:ヤス  ガガガ文庫

 3巻の感想で、姉ルートが解放されたということですねとか言ってたわけですが、ルートが消滅しました。いや、この展開は予想してなかった。「さかさま」という言葉が強調されるだけはある物語。なんかだらだらと意味がわからない、雰囲気ものにしても少々満足するには今ひとつと思いきや、終盤に札を返されたらそうそうこれをこの物語に求めていたのだと引き込まれる。しかし、楽しい展開ではないな。

 思い返すに、姉のキャラが明かされた事実によってもなんら変わらない。一貫した行動と性格であったとわかるのが怖い。さかさまな行動をとり続けた人物がともに消され、まっすぐになったと思いきや、すべてを反転させるカウントダウンが始まる。

 さて、ミスリードと言葉の幻惑は気づかず囚われ、しかしいつかは囚われていることを自覚することでおもしろい。次へと、また、全体の再構成に期待。

 しかし、3巻が伏線っちゃ伏線だが、この巻につながるってだけなら大雑把というか、大味だなあ。それとも気づいていないだけだろうか。実際かなり忘れてはいるしな。

|

« 生活保護VSワーキングプア | トップページ | 聖痕のクェイサー 6 »

ガガガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リバース・ブラッド (4):

« 生活保護VSワーキングプア | トップページ | 聖痕のクェイサー 6 »