« 日記:うちにこもる | トップページ | くじびき勇者さま 8番札 誰が宇宙人よ!? »

同人ゲー:東方ポケット戦爭

 東方ポケット戦爭(戦争?微妙に漢字違うのか)をなにこのくそげーと思いつつ10時間はやってしまった。なので悔しいから感想っぽい愚痴をながながと書く。(思ったよりアクセス多かったのでちょっと追記する。攻略、というか対戦のパターンは考えだすと意外におもしろいが、お気にのキャラを活躍させたストレスの少ない戦闘、という条件にするとキャラの役割がかなり限られてしまうのであまりやる気がでない。お空の1回チャージのLv.1で近距離240%見るとなぁ。キャーイクサーン!!ステキー!!がやりたかった。追々記:パッチでた。文の霊集40に上方修正)

 幻想郷いって全キャラの援護攻撃手に入れて、そこまでやったのに全然シナリオ進まない。で、ようやく気づいた。キャラセット1の画面で上の列一番左、下の列の左側二人が睡眠したときに選択できる三人だ。。。なんでこんな設定?ばぐってる?(シナリオでレベルが十分なのに選択できないのは他のキャラのシナリオをクリアすると開放される、はず。モノによっては上のキャラセットの位置に特定の人物が同時に配置されることもイベントの条件っぽい。詳しく書いている人を発見、東方ポケット戦争 攻略 その2 (Operation Jaguar.)がオススメ)

 すばやさが設定されているのにターン制、ということに気づくのにしばらく時間がかかってしまった。つまり、速さの違いは行動順でしかない。ということは、霊力(=初期MP)が高いほうがよく、霊集(=ターン毎のMP回復量)も高いほうがよい。この二つとすばやさを成長させることができないのでキャラに優劣がついている。大雑把には諏訪子とまりさがチート。文、妖夢は使えない。スペカの種類と使い方で多少はぶれるが、すばやさの違いがターンのなかの行動順の決定でしかないのにキャラによるMPとその回復量に大きな違いがある、という点がキャラ間のバランスを亡き者にしてる。手数でカバーする、という概念が存在しない。(訂正。手数でカバーはできる。ただし、紫や幽々子や諏訪子などであって、霊力高いキャラ。文や妖夢などすばやさ高いけど霊力低いキャラはすばやさだけ高くて何もできない。文はパッチでたので多少は使えるように。)

 犬咲夜にして以降は、諏訪子(中列)、咲夜さん(前列)、幽々子(後列)で2ターンキルを目指す。1.咲夜がチャージ、2.諏訪子が蛙で次の攻撃必中化、3.幽々子がドリキャスで2人消す(ここまで1ターン)、4.咲夜がワンダフルワールドで前列消す、のパターン。成長は諏訪子は生存優先、残る二人は攻撃優先。基本楽勝。配置によっては長期戦。(初期の段階ではまりさをバランスよく育てると楽。また、咲夜さんが1.タイムマジシャン、2.リセット、3.殺人ドールの3ターン目に他キャラも攻撃集中が比較的安定する。また、Lv.500のバランス型3人は勝つには安定する。上であげたのは速攻の場合の選択。)

 ミスが多いゲームになってるので必中はかなり有効。後半、グループ技に体力回復組んでる体力高い相手にあたると対戦が終わらず千十手という意味でつむことがある。いや、大概決着つけることはできるのだが、負けるにも勝つにもすごい時間かかって面倒すぎることになる。誰か一人は倍率200%オーバーをもつアタッカー入れないと長期戦になってだるい。バランス型でメンバー組むとグループ技の体力回復持った相手を押し切れなくなる。

 シナリオといえるシナリオはない。システムも右クリックで元の画面に戻るとか、メニュー開くとかそういうのないのですごい面倒。時間経過やアルバイトによる金入手などの表立ったペナルティはない。時間経過やランダムでキャラやスペカ入手、というシステムには意味や価値がないと思う。キャラの口調や性能に関しては力を入れてない。対戦のところがメイン。あとイラストもかな。

 イラストはデフォルメ、標準ともにかわいい。一部やけに大人びたというか色っぽいというかなんというかな強調を感じるけれど。早苗さんとか。パケ絵の霊夢につられて買いましたとも。1050円だったし。

 できのよいゲームではまったくないのだけれどなぜかひたすらに淡々と時間を費やしてしまった。ドラクエでひたすらに数時間レベル上げをし続けるあの感覚に似ている。わずかに数値があがっていくことを糧に単調作業に不思議なくらいはまってしまうあの感覚。あと鍛えればシナリオでるのかなとちょっと期待してた。

 対戦やシステムがもっと快適ならなー。やり方次第でどのキャラでも使えるとはいえ、キャラの組み合わせによっては対戦に時間がかかりすぎるし、勝てない場合もある。速攻負けるならともかく、負けとわかってるのに5分はまたないと負けさせてくれなかったりするのが厄介だ。システムが甘いし、かといって物語があるでもないし、どうにも残念。

 この感想書いたのは、ぐぐって3つめにshareのファイル検索が出てくるのは他人事ながらちょっとどころではなくせつないぜ。。。という理由でもあったのだが、やけに時間かけたことの反映かなにやらずいぶん長々となってしまった。感想書きたいというより愚痴りたいという動機で書いた気もするが。

|

« 日記:うちにこもる | トップページ | くじびき勇者さま 8番札 誰が宇宙人よ!? »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

分かるなぁ、その気持ち

つーか、シナリオはキャラの位置が関係してたのか…
だから俺も進まなかったのか

まあ、ゲームの方向性(着眼点)としては良かったと思うけどね
とにかく参考になったぜ!サンキュー

投稿: 通りすがりの紳士 | 2009年3月12日 (木) 22:36

愚痴っぽい文章ではありますが、参考になったなら幸いです。

>ゲームの方向性(着眼点)としては良かったと思う
同意です。意外にパターンを考えるのはおもしろい。でも、ゲームとしてはいま一つなのが残念。

投稿: 仙人掌(主 | 2009年3月13日 (金) 01:55

非常に参考になるご意見ありがとう御座いました。

そういえば16日に未完童話から修正ファイルが配布されたようです、
修正内容は、

[バグ修正]
1.射命丸文霊集設定ミスを修正しました。

との事でしたので確認しましたら、
霊集が16(修正前)→40(修正後)になっていました、
これで射命丸もまともに使えそうですね。

投稿: アロハ | 2009年3月19日 (木) 05:19

情報ありがとうございます。

これで文は使いやすくなりました。
とはいえ、CPU戦だと相手を倒すこと優先になりがちなので、他キャラを押しのけるのはまだ難しそうです。

対人戦ができれば文含め命中と攻撃2倍以外の補助スペカ持ちが嫁補正以外で活躍できるようになるのでしょうけれど。

投稿: 仙人掌(主 | 2009年3月20日 (金) 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同人ゲー:東方ポケット戦爭:

« 日記:うちにこもる | トップページ | くじびき勇者さま 8番札 誰が宇宙人よ!? »