« 日記:部屋がひろくなった(+ニコ) | トップページ | 東方フィギュア(同人ではなく)がついにくるか »

ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語 (1)

 ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語 (1)
 著:諸星祟、グループSNE 絵:森沢晴行  富士見ドラゴンブック

 プリーストなしのリプレイということをあとがきで再度指摘されたらこれはこれでおもしろいなと思えるようになった。元が連載で、連載開始時期を考えればしょうがないのだろうけれど、まーた丁寧なルール解説と紹介のリプレイかいなと辟易していた。リプレイ本来の想定読者層ではないということなのかもしれないが、リプレイを読み物として読んでる一人の感覚からすると最近のSWリプレイはルール紹介ものばっかりでいい加減飽きてきた。

 ルーンフォークが多くて話の中心なのは新しいかも、と思ったけれど、人の集落とあんまり感覚が変わらない。次からに期待かな。

|

« 日記:部屋がひろくなった(+ニコ) | トップページ | 東方フィギュア(同人ではなく)がついにくるか »

リプレイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語 (1):

» 拳と魔封の物語1 グラスランナー登場 [チーズは見つかった?]
拳と魔封の物語1を読みました。感想を簡単に書きます。ネタバレを少し含みますので気になる方は読んだあとに見てください。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 21:40

« 日記:部屋がひろくなった(+ニコ) | トップページ | 東方フィギュア(同人ではなく)がついにくるか »