« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の11件の投稿

東方フィギュア(同人ではなく)がついにくるか

 きゃらめるに告知がついてたから、コトブキヤがシリーズで出すものだとばかり思ってた。
4月30日のあみあみ予約開始情報(moeyo.com)
グリフォンからか。グリフォンね。。で、あみあみの霊夢サンプル魔理沙レミリア咲夜さん

 どのイラストを参考にするかでけっこう印象変わるけれど、そのバージョンの違いで乱立する時代が始まるのだろうか。元絵がzunのバージョンを見たいような、見たくないような。あえて地霊のzun霊夢絵で、とか。とまれ、どのキャラクターまででるのかが楽しみ。買うか買わないかは、、今のままならむしろぬいぐるみ買う。

追記:
パチュリーが来てアリスが来ないことに沈んだ。が、顔がなんか、なんかしっくりこないという状況ではむしろよいのかもしれない。服装は全般によさそう、ポーズはまあ商業の最初だし無難なところ。しかし、顔はなんかいまいちイメージと違うと感じてしまう。魔理沙がありで、レミリアもまあこれはこれで、霊夢と文はこれもないわけじゃないしありかもしれないと思うが、咲夜さんとパチュリーにはなんか違うと思わざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語 (1)

 ソード・ワールド2.0リプレイ 拳と魔封の物語 (1)
 著:諸星祟、グループSNE 絵:森沢晴行  富士見ドラゴンブック

 プリーストなしのリプレイということをあとがきで再度指摘されたらこれはこれでおもしろいなと思えるようになった。元が連載で、連載開始時期を考えればしょうがないのだろうけれど、まーた丁寧なルール解説と紹介のリプレイかいなと辟易していた。リプレイ本来の想定読者層ではないということなのかもしれないが、リプレイを読み物として読んでる一人の感覚からすると最近のSWリプレイはルール紹介ものばっかりでいい加減飽きてきた。

 ルーンフォークが多くて話の中心なのは新しいかも、と思ったけれど、人の集落とあんまり感覚が変わらない。次からに期待かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日記:部屋がひろくなった(+ニコ)

 bookoffに700冊ほど本を売ったらダンボールがかなり減って部屋がちょっと広くなった。いくつか、売りたくないと思うものが多数混ざってはいたが、しかしダンボールの山に埋もれさせてままで再度読むこともないのならば、部屋の快適さのために犠牲になってもらうもやむかたなしと。

 数年前ならばそんな決断をしなかったのだろうけれど、最近あんまり本を読まず買わずで感覚が変わってしまったか。まあ、本といいつつ売り払った700冊の8割はライトノベルですが。自分でも売らずに残したものと売ったものとの判断基準は曖昧。いくつかは理由が明らかだが、いくつかなぜというものがないでもない。エリオンを手放し、ラキスを手放さなかったのは完結か否かが未練に差を残したか。


 ところで、なんとなく暇になったのでニコニコ動画でmF247にいってなにかひっかかるものないかなーとちょっと探してみた。このあたりけっこうありかもと思った。ゲーム音楽っぽいのが自分の好みなんかなー。

【ニコニコ動画】ウフル砂漠~An endless Desert(永遠の砂漠) / U-full

【ニコニコ動画】Cnossus ~太陽の翼~ / 蘭

 あとこれもなんとなく。
【ニコニコ動画】惑星から / 空色絵本
 聞いてて落ち着く系に偏ったかも。


 しかし、シアワセノフクロウがいいかもとか言ってた話から友人がなぜかこれにつなげるという謎。
【ニコニコ動画】オナニーマシーン - チンチンマンマン
 とはいえ不覚にももっと評価されていいに頷いてしまった。いや、なんか、かっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラジャンプ 5月号

 そういえば4月号の感想書くのを忘れていた。とりあえず、誰も知らないがいい感じだった、とだけ。多少、社会問題的なことに触れたがる傾向がある?とは今月感じたけれど、最近の楽しみの一つ。

 銃夢LO、内容よりカラー絵にほれる。かっこいい。今月これだけでいい。
 SBR、執念、執着。ジョニィの執念もまたいいな。
 UltraGraphics、蘭宮涼?この絵もいいな。名前と絵を記憶したことがあるような、ないような。
 誰も知らない、見開きの場所、無音のコマがいいな。絵もけっこうかわいい。
 クロスロオド、メイさまー。
 忍空、「結局あの人はあの人の言う、このだめな世界の中でしか、生きられん」、こういうセリフとキャラクターは大好き。
 天獄、あれ、最近話がすすんでておもしろいと感じる。なんでだ。
 無限登山(八木ナガハル)、きた。一番の楽しみがきたよ。無限解釈か。次の文明が復興するまでお待ちくださいって興奮する。無限の時間に渡る観察ができるなんて理想すぎる。あーでも、無限のループがわかるようなわからないような。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬尾がくるー

 やった、瀬尾つかさいきてた。新作くる。
 ラノベの杜
 リンク先のweb kadokawaによると

閉ざされた学園で何が待つのか――学園ファンタスティック・ストーリー!!

学園もの?前回のクジラ04のSFで百合でインフレな人と記憶にこびりついていたのでちょっと予想外だぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記(ニコ):逆

 全編逆作画崩壊ktkr

 続いて欲しいなぁ。作画崩壊なしだとなおよいが、逆崩壊も絶賛歓迎。あいかわらず音がすばらしい。わぁいって言えたら完璧なのだが。

 ちょっと前にランス6買ったと言ったような気がするけれど、最近ランスを放り出してブロントさん見始めました。他所からキャラを持ってきて絡ませる系統は基本無条件に嫌いなので幻想入りとタイトルにあるだけで見てなかったのだけれど、31話のサムネの永琳につられて見てみたらおもしろく、1話から見始めて今22話まで追いついた。言葉がおもしろい。話もつい見続けてしまう。

 他、てるりんの人の描いてみたをじーっと見たり。いいなぁ、この輝夜。

 そして見事にドリった。

 FF13買うか。PS3も一緒に買う必要があるから、けっこうきついのだが、しかしこの音を聞いては。ああ確かに浜渦正志って思ったよ。しかしニコニコ大百科に「また、担当した作品に恵まれないことで一部では有名である。」とあって憤慨。いやいや、サガフロ2は間違いなく傑作。何をいってやがる。…しかし担当作みるに(アンサガとか)売り上げ的には確かにそうかも。。やーとまれサガフロ2のミュージックメドレーいいよねぇ。

 現在検討中なのは、ニコニコ動画でみたものの記録、および感想をつけ始めようかどうしようかということ。最近SS読む量よりニコニコ動画見てる量多いし、見たもの全部マイリストに入れてるわけじゃない。となれば、ここに記録として残しておくのもありか?と考え中。しかし、URLの羅列では自身が物足りなく、とはいえ同じ思いの結果SSの感想がどうも書けなくてとまっている状況では、さて有効か否か。

 まあ、結論はそのうち出すとして、ビール2缶飲んだので次はウィスキーだ。とりあえず酒飲むか。来週の飲み会の練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋期限定栗きんとん事件

 秋期限定栗きんとん事件 (上、下)
 著:米澤穂信  創元推理文庫

 他愛ないな(笑)

 まさに青春だね、という上巻の内容が下巻最後の二人の邂逅、再契約における内情暴露によってぶち壊しにされるのがたまらなく楽しいね。しかして1年間をぶち壊しておきながらの再契約はとても素直じゃないのにとても素敵な青春と感じるこの不思議。

 そしてなによりこわいこわい小佐内さんこわいすてき。
 露骨な小佐内さん犯人説へのミスリードと思いつつ完全には否定できないさせないキャラクターとなっていることがすごい。犯人ではないながらに、それでいて強烈に毒々しい。

 ミステリとして犯人探しがしっかと存在しているのに果てに犯人の名は訊く意味もなく言う意味もないと片付けられ(名があるだけでなくキャラとして生きていた人物であるのに)小鳩君と小佐内さんの物語の修飾でしかなくなる。いいな、この回帰、この収束。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (2)

 ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (2)
 著:藤澤さなえ、グループSNE  絵:笛吹りな  富士見ドラゴンブック

 なんかあんまりおもしろくないぞー。
 なんだろうな、どう補足されても、その世界のキャラクターとしての判断と納得ができなかったのかもしれない。新米女神のほうを読んだからそう思ってるだけに思わないでもないが。
 いや、あれか、毒が薄いのか。えぐみやドラマとしての刺激をいまいち感じていないのか。新米女神よりさらに手探り感を強く感じてしまうのかな。新しいルールに対してだけでなく、GMとプレイヤー、プレイヤー間での手探り感を相対に強く感じてしまう?どのみち相対の感触ではあるけれど。。いや、こじつけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate. 第八話

 東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate. 最終話 『二つの望郷』 前編

 豊姫がかわいいなぁ。。出番はほぼイラストだが。
 あれ?なにがどうなってこうなった?漫画版と同時に読んでないと結果はわかっても経過がわからんね。幽々子の顛末も既に漫画では語られたのだろうか。REXに新作の体験版つけられてはな、一番単行本なる率低そうな小説だけ雑誌で追ってる身としてはちょっと怖くて手を出しづらい。

 ちょっとした意識の違いがあったんだなと気づいた。月の民にとって地上に落ちることが最大の罰で、穢れを嫌うために殺生も好まれない。となれば、地上からの侵略者を地上に追い払うことが、相手を月に居座らせることなく地上に戻すことが勝利となる。ほんのちょっと、設定への認識が修正された。勝つことの定義が多少異なっていたかな。紫が月に攻める攻めない以前に、相手が地上にいる時点で月の民には優越感となるわけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:この戸惑いの理由は

 一瞬とまった。いらねーと即座に否定しきれずもうちょっととまった。これは。。
 まりあ†ほりっく 祇堂鞠也 抱き枕カバー

 HOBBY STOCKの新着をRSSにいれているのだけれど、最近なんとなく、こういうアゾン 狼と香辛料 1/6 ホロのようなドールだけれど頭部、眼をアイプリント(アイデカール?)にしているものが意識に入るようになってきたような気がする。ドールアイに比べてこっちのほうが手を出しやすいかもなーと感じるのは危険な兆候に思えてならない。こういうのは一度手をだすとずぶずぶと深みに落ちていくからなー。

 でもまあ、昨今のアクションフィギュアの台頭からみればこういうのがもっと増えても不思議はないよね。服を硬質なプラでしか表現できないのもおかしいし、布ならやわらかい印象の表現も拡がるだろうし。値段もPVC性で1万越えもでてきてるし(なのは系くらいで例外で終わるかもしれないが)。とはいえ、PVCフィギュアの表現を値段分上回る魅力をもったキャラクターの存在が前提となるけれど。

 なんかいつか買うことを前提に見ているような気がするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:風邪ひいた

 鼻水だらだらに花粉症かとも思ったが、微熱があるっぽい感覚。ちょっと買い物にと自転車乗ろうとしたらバランス崩して転ぶわ財布忘れるわと、散々。ちょうどちり紙切れたのだ。何個かポケットティッシュがあるにはあるが、鼻が擦り切れてしまう。買いに行かなくては。

 先週くらいからついうっかりとランス6のプレイ動画を60くらいまでじーっと眺めてしまう。そしてどうにも我慢できなくなって買ってきて昨日今日とじりじりと進める。EDは自分で見たいとプレイ動画の視聴はそのあたりで打ち切る。どんぐらいかかるかなー。

 ベッドに横になりながらでも画面見える操作できるな環境にするんじゃなかったな。風邪だというのに素直に寝ることができない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »