« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (2) | トップページ | 日記(ニコ):逆 »

秋期限定栗きんとん事件

 秋期限定栗きんとん事件 (上、下)
 著:米澤穂信  創元推理文庫

 他愛ないな(笑)

 まさに青春だね、という上巻の内容が下巻最後の二人の邂逅、再契約における内情暴露によってぶち壊しにされるのがたまらなく楽しいね。しかして1年間をぶち壊しておきながらの再契約はとても素直じゃないのにとても素敵な青春と感じるこの不思議。

 そしてなによりこわいこわい小佐内さんこわいすてき。
 露骨な小佐内さん犯人説へのミスリードと思いつつ完全には否定できないさせないキャラクターとなっていることがすごい。犯人ではないながらに、それでいて強烈に毒々しい。

 ミステリとして犯人探しがしっかと存在しているのに果てに犯人の名は訊く意味もなく言う意味もないと片付けられ(名があるだけでなくキャラとして生きていた人物であるのに)小鳩君と小佐内さんの物語の修飾でしかなくなる。いいな、この回帰、この収束。

|

« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (2) | トップページ | 日記(ニコ):逆 »

ハヤカワなどその他小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋期限定栗きんとん事件:

« ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん (2) | トップページ | 日記(ニコ):逆 »