« 日記:ついに | トップページ | 東方SSよんだ 好きという言葉ほか »

日記:追加)自民総裁選

 もし自分だったら河野さんに入れるかな。自民党の総裁選のやつ。まあ、仕組みよく分からない上に党員じゃないんだけれど。うちのじーさまは誰にと考えてるかな。

 河野さんの、谷垣さんだったなら自民党は結局変わらない、という主張は有効だなーと思う。今回の選挙では地盤の固いベテランがやけに残ってしまった自民党は、新しくならなければまた選挙負けるが、しかし年寄り同士で固まっては結局変わらない。今までと同じ人が前に出ては変わらない。何より、変わらないという印象を与えてしまう。

 今回の選挙の結果は政策を選んだのではなく、変化を望んだから、というのがとても大きい。となれば、自民党が変わらないのならば、返り咲きはそれだけ遠のく。逆に、自民党が変わるのならば、次はわからなくなる。なにせ、政策で選ばれたわけじゃないってのと、今の日本の状況はそう簡単にいいほうに変われるような状況じゃない。変われるなら自民党政権下でだって変わってたって話だ。去年秋から選挙までの経済対策は、どうすればいいかわからず結局ばらまきで将来に負担押し付けてとりあえずしのいでいたって形だ。しかし、民主党ならどうしたかっていうとばらまきの対象がちょっと変わってただけで大して変わらない。

 自民党が民主党との違いをどこで出すか、という意味でも谷垣さんじゃ正直失望かな。自民と民主の選択に違いが小さくなってしまう。大きな政府の民主党に対するならば、確かに対立軸は小さな政府にせざるを得ない。なのに河野さん以外は大きな政府志向だしなー。国の財政に不安抱いている人間を過小に見すぎでないかな。というかな、失礼承知で言えば、20年後にまだ現役とほぼ引退下手すりゃ死んでる人が並んで、同じく将来の問題について話したとして、若い方に入れるに決まってるんだけれどな。若い自分としては。

 小泉改革を否定してばっかだけれど、なんで小泉さん勝ったのか、変化への期待という点を見ないのかな。小泉さんでても自民党が結局変わらないから今回の民主党の勝ちにつながったとも言えると思うのだけれど。変わらないことへの不満が積もった結果があると思うのだけれど。うーん。


 というのを今さっきBSニュースでほんのちょっと切り出された街頭演説だけ聞いて思った。候補者のもう一人、西村さん、なんかやる気ない感じ。あれじゃ若手分断のためって言われてもしょうがないな。

|

« 日記:ついに | トップページ | 東方SSよんだ 好きという言葉ほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:追加)自民総裁選:

« 日記:ついに | トップページ | 東方SSよんだ 好きという言葉ほか »