« 日記:あけました | トップページ | 追想五断章 »

日記:記録

 一日のうちに自分の行動、考えたこと、見たもの聞いたもの、それらすべてを一箇所に記録できたらいいのに。最近そのように考え始めた。考えたことを紙にメモして、PCにメモを打ち込んで。本読んで読み終わって部屋のどこかにおいて、ネット見て読んで感想思い浮かんで忘れて。行動に関するものをすべて記録してあとで思い出せるような環境が欲しい。(いや思い出さなくていい情報もあるけれどそれはそれで。)時系列でおいといて、検索して出せるようにしたい。タグ付けも勝手にやってくれるといいんだけれどな、いちいち手でタグつけるのは当然に無難で必要なのだけれど、面倒でならない。

 例えば一日の自分自身すべて記録したいからはずーーーーっと限定で縮小されるけれど、ネットでなにか読むなりみるなりして、興味持ってあとで感想つけようとかあとでまた見ようとかそのときの感情を記録しておこうとか思ったりする。なにに記録するのかが問題になる。紙に?どっかいってなくす。PC上でメモ帳にでも?ネット上となればURLをコピペしてタイトルコピペして、、面倒(東方SSの感想書いていたときは、URLはなくてタイトルだけだったけれど、このやりかただった)。twitter?blog?google note?あとで見たい、必ずしも公開したいわけじゃない、情報の一覧性が欲しい。ネット見た感想だけじゃなくて、今gmailに投げているテキストな考えたことメモとかpdfとか、たぶん2度と見ないし必要ないけれど一度は見たという証拠は残したいとか、そういうのも一箇所にしたい。

 といった感じに、ツールにうだうだ悩みながら、スマートフォンもありかなしかとソニエリのあれを眺めていたら、関連してEvernoteの名前を見つける。欲しいものにあってるかも?たぶん、1週間ほどは使う。それ以上使うかどうかは、どれだけ手間が少ないか。

|

« 日記:あけました | トップページ | 追想五断章 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記:記録:

» 樋口一葉の日記 [愛と苦悩の日記]
■樋口一葉全集で彼女の日記を読んでいるのだが、記憶力や生真面目さに驚かされる。ある集まりで男性と女性、年齢の合計はどちらが多いかというゲームになったという下りがあるが、日記には20人近くの年齢が逐一記されている。おそらく一葉は翌日になって前日の行動を反省しつつ日記を記したと思われるが、ここまで律儀に日記を書く人も珍しい。また、図書館通いをして男子学生の中に自分ばかり女性で気恥ずかしい思いを書いてい...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 05:47

« 日記:あけました | トップページ | 追想五断章 »