« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の3件の投稿

ニコ動でみた:あまりに甘くて


霖之助がイケメン過ぎて、魔理沙が乙女過ぎて、糖分過多と言わざるを得ない。


キャラクター情報を抜き出して舞台を別に。けれどあまりに思春期な甘さは顔が崩れる。


くれよんの、子供の描いたような柔らかさの印象が、物語への印象もやさしくする。実に素直にまりありだ。


 一番目があまりに甘すぎて、どこかに貼っつけたくなってしまったところでここを思い出した。ついでにここ最近のマイリスしたものも貼る。SSのほうだとマリアリはそこまで目につくでもないが、動画だと思ったより多い印象かもしれない。
 最近はSSのほうもちょっとずつ読むの復活しているけれど、点数を見てつまみ食い状態で、読後にevernoteに感想とhtmlを送りつけて終了。直接リンクが許されたのだし、定期的にまとめたいところではあるのだが、あまり点数伸びていない作品から好みを探し出すのが楽しいというかひねくれたおもしろみというか動機であるというか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記:なまずに負けた

 東方プロジェクト ネタ具誰得シリーズ No.2 大なまず、大歳星君の影 ぬいぐるみ[ピンクカンパニー/パルテノンプロダクション]《予約商品03月発売》
 欲しくなってきた。

 東方の人気投票、豊ちゃんがなまずに負けた。おおおおぅ、なんてこった。いやまあ、書籍組であること、同人で見かける率低いことからそれはまあ、下のほうだろうと思ってはいたが、ナマズに負けるとは。うーむ。。

 しかし、人気投票で票を誰に入れるかは自身の趣味を突きつけられる感でどうも気恥ずかしくなる。選んだキャラが、どうにも笑顔が黒い率、腹黒キャラおよび腹黒扱いされる率が高いように思えてならないというか。誰に入れようかと考えメモし出したら10人ほどはすらすらとキャラが出てきて愕然としたものだが、結局選ぶとなると意外に偏る。

 ついで、感想でも探るかとふたばいってどうにも気が沈む。なぜだめなのかの分析を読むのは楽しくないね。工作なり次は下がるなり総合では云々なりこれで誰々の同人が増えるなり、なんかね。祭りは始まるまでが一番楽しいがまさに、かな。誰に入れるかを考えている時が一番楽しい。まあ、結果見ながらのなぜだめなのか云々を通して、自分がこのキャラを好きであるということを否定されるように感じてしまう神経質さが根本にあるのだろうけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日記:不思議の幻想郷をとりあえずクリア+多面性のメモ

 不思議の幻想郷ver.1.12をなんとか1周したでござる。ひょうたん+99めざすぜーと作り始めたら能力を必中とオンバシラ以外合成したところで飽きた。かといって古井戸にいくより先にまずはゆとりプレイをやってみたいなーという中途半端な心境。ver.1.12で攻撃力がやけに下がった感覚があって、クリア無理だろうすぐ次のパッチ来るねと思ってたら脅威の引き(しあわせのにんじん、低速たくさん、レア店でいくさん、合成+スペア、壷拡張、(変化で)扇、うどんげの耳、ひょうたん、回復もたくさん)で1.12初もぐりでクリア。わかんないものだね。


 一方、いいね、これと思ったことが一つ。
ある黒人女性の見たヒトラー ~第二次世界大戦の悪役の歴史的地位のちょっと異なる見え方について~ (とらっしゅのーと)
いいね。なんというか、こういう事柄に対する言葉として不適切かもしれないが、いいねこういうの。世の中は単純でない、善い悪いの評価が一面でなく、判断する人間の立場によって変化する、そういう実例であるなと、いいねと思う。こういう例、見る立場の違いというものを意識したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »