« 東方SS読んだ なやめるハピネスほか | トップページ | 東方SS読んだ 二人のための日ほか »

電子書籍化をはやくはやく。日本だって携帯ではできてるでしょ

 いますぐ自前で電子書籍やりたい、って思ったら。

 本買ってきて裁断して、スキャンスナップにでも放り込んでまとめてとりこんで、できるなら微調整なり加えてページ調整して一冊に作って。自前でやるか、またはバイトでもやとってやらせればいい。
 で、できあがったファイルを持ち歩く。容量でかすぎるとかならOpera uniteでも使えばいい。自宅サーバなんてないよって人でも自宅にPCがあるならそれだけですぐサーバ作れる簡単なのがそこらにある。

 スキャンスナップ費用、pdfいじれるソフト、マクロorソフト組む費用、バイトの人件費。何人かで集まってこれを数人で共有すればいい。一人でやろうとすると費用が高すぎるが、複数人でやろうと考えればどこかで妥協できる費用が見えてくるだろう。
 すでにスキャンスナップ持ってる人にハブになってもらうこともできる。複数人でやれば、自分の興味ない本を他人が買って、それをちょっと気になって、という感じな広がりだって期待できるだろう。

 個人が複数集まればこれが十分にできる。財力で解決してもいいし、マンパワーとして貢献したっていい。メインはファイルになるから、地理的に近い人間同士じゃないとできないということもない。
 ファイル共有にわざわざ流す積極的な理由なんてない。
 金払うとかで集まりをつくってそいつらの内輪でやればいい。uniteにそのファイルだけ置いておけばそれで十分なんだから。親しい友人になればいい。互いにちょっとずつ金出して協力してやろうって。そうすれば本の貸し借りとまったく同じ。なんやかやと外から言われる謂れはない。

 だから、内容の質をスキャンしたモノでよいと妥協するなら、電子化なんて金と手間をかければ今は個人でだってできる。読む時間と置く場所の問題で本買わないって人でも、特に後者の問題が解決できるならとりあえず買っておこうとなるんじゃないか。というか他じゃなくて、自分がおそらくそうなる。スキャン代行という形で上記のをビジネスにしようってのも確かあったな。電子書籍化の手始めとして日本の出版社がやったのはそのサイトを潰すことだったようだけれどさ。

 こういう、個人ですぐできる環境がすでにあって、出版側でいつまでも対応しないとか、バカらしいにもほどがあるって思えてならない。1か0かで考えて1にできないからやらないといつまでも言いつづけて、それでまたアップルに全部とられるんじゃないか。いや、amazonでもよい。

 つい最近にsonyとどっかとどっかと組んで電子出版云々ってあったけれどさ、会社名すら決まるのに揉めるとかバカらしいにもほどがある。会社名ですらこれなら、どれだけ中身に期待しろというのだろう。

|

« 東方SS読んだ なやめるハピネスほか | トップページ | 東方SS読んだ 二人のための日ほか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍化をはやくはやく。日本だって携帯ではできてるでしょ:

« 東方SS読んだ なやめるハピネスほか | トップページ | 東方SS読んだ 二人のための日ほか »