« H-baby (Reverv.) 感想 | トップページ | 東方SS読んだ 蟲蠱蠢蠢ほか »

東方SS読んだ 貴雪ほか

 まったりと。読んだ感想をつけていくよ。読んだ時期や作品集ばらばら。以前に比べて既に点数としてある程度評価を得ているSSの率が多いと思う。個別リンクOKになったので個別リンクもしていく予定。基本は以前読んで感想をevernoteに放り込んでいたものを。1つくらい最近読んだのを混ぜるって感じをしばらく続ける、予定。
 今回は作品集112が1、98が4、97が1、ジェネ55を5個。懐かしいね!

 『Uを探して』 作者: 大根大蛇
 作品集112 秘封倶楽部。ひやり、と思わせてしかし、激甘に夫婦の話なのです。長さに対し、けれどもしかしてと思わせ、さらには想いの強さににまにまで長さが退屈にならない。また一方、キャラクターの特性の扱いが実に巧みであると思う。ただ何をどうこうもなく、許す瞬間が至高。

 『サンドウィッチを正しく食べる方法』 作者: maruta
 作品集97 どういうことだろう。。。。奇異な設定であるのにそれを不自然に感じさせない。それが当然である世界に連れ込んで放さない。うまい。

 『インビジブル・ハート』 作者: 浅木原忍
 作品集98 イイハナシダッタノニナー まあ、そんな予感はしていた。さとり、こいしで、あまいかせつなくすっぱいかと思いきや、なにかひっくり返りそうな予感はあった。

 『貴雪』 作者: 司馬漬け
 作品集98 すばらしい。冬の、幽香の悠然と時間を過ごすさまが思い浮かび、それが(自身の持つ)幽香のイメージとずれない。長生きした存在の雰囲気、時間のすごし方を感じさせ、また自然のなかでの生き方であるのが、幽香のイメージにあう。

 『おそろしくて言えない』 作者: 猫井はかま
 作品集98 天然な姉キャラとしての早苗。微妙な、恋愛未満でやきもちとしているけれど、冷静な霊夢。あり、だが、悶えるにはもうちょっと、かな。

 『花言葉は「無垢」』 作者: 少年
 作品集98 レイアリ。なんて似たもの同士な。類似性で並べて、繰り返されている感がよいね。

 『とらUMA』 作者: 八重結界
 ジェネ55 うまいこと言った。さどっけさとりがなかなか。

 『私は我慢する~幽香の場合~』 作者: こじろー
 ジェネ55 えろいな。幽香がせめられるはなし。なかなか。

 『蕭々ふわり』 作者: あきかをる
 ジェネ55 レイサナ。ただ、なんだろう、強引というか、結果ありきというか、ちゅっちゅさせようというのが、いやありなんだけれど、結果ありきすぎて恥じらいというか、秘め事な空気というか、そういうのが少々足りなくてなにか、浸らず流し読んでしまうというか。

 『青春の悩みは堂々巡り』 作者: 寒々 
 ジェネ55 咲アリだと喜んだらなにかが違った。

 『ついた嘘は一つだけ?』  作者: 田北
 ジェネ55 あやれいむ。びっくりしつつもまんざらでないのを照れ隠しに口調がかたいんですね、大変によろしく思います。

|

« H-baby (Reverv.) 感想 | トップページ | 東方SS読んだ 蟲蠱蠢蠢ほか »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方SS読んだ 貴雪ほか:

« H-baby (Reverv.) 感想 | トップページ | 東方SS読んだ 蟲蠱蠢蠢ほか »