« 自由からの逃走 | トップページ | 感想:無添加はかえって危ない »

読んだり読まなかったり

 感想を書いたり書かなかったり。年末年始に本を10冊読むぜーを達成し、最近には積みっぱなしだった憎悪の世紀を消化した。ただ憎悪の世紀は感想が書きづらい。心がえぐられる。あーそりゃユダヤへの迫害は狂気の象徴としていまだあちらでワンパ的に飽きるほどに使われるわけだと思う。ナチでドイツでが読む前のおおかたの印象だったが、とんでもないな。それは確か、だがそれ以外、ドイツより東のどこであっても起こっていた。しかも、ほんのちょっと前までは多民族が融和していたその場所で。やるせない。血塗られた、昨日までの友人を殺戮する人間の歴史にとってもブルーで感想など書く気力がわかなかったのであった。

 また、まどかマギカ見続けていたり、進撃の巨人おもしろいなと思っていたり。でも感想は大抵ツイッターに簡単に投げて終わるからなー。

|

« 自由からの逃走 | トップページ | 感想:無添加はかえって危ない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読んだり読まなかったり:

« 自由からの逃走 | トップページ | 感想:無添加はかえって危ない »