« 感想:桐咲キセキのキセキ 著:ろくごまるに | トップページ | 理性の限界 »

東方幻想画報 参

 少々今更感はあるが、とらのあなの東方幻想画報参を買った。それで、さて自身の絵の好みはどんなもんだろうと記録してみようと思い立った。ということで傍迷惑にtwitterに連投したものをこちらにコピペし記録とする。


P.4 森近霖之助 絵師:いにゅっち 変態でもイケメンでもない、ギャグっぽくないこーりん。なんとなく根暗っぽさを感じてイメージに合う。

P.5 上白沢慧音(人間) 絵師:だいん こういうタッチは好きだな。墨っぽいの。少し幼い顔で、理知的で巨乳でオトナという印象を与える絵ではない。それもまた好み。

P.9 紅美鈴 絵師:きんたろ なんとなく。なんだろう。巨乳じゃないから?すらりとしたという形容が合う。

P.16 西行寺幽々子 絵師:やすゆき 手が短すぎて足が長すぎね?でもいいね。とぼけたような、見通しているような。そんなイメージでどこかが脳内で一致。

P.21 因幡てゐ 絵師:綾見ちは ぴんくなろりうさぎ。微妙な表情の選択が、ろりばばあで一癖も二癖もある感でよし。あと素足。

P.46 古明地こいし 絵師:An2A 原作絵っぽい印象。なんとなく見ていて不安になるのは身体のパーツのバランスへの違和感かも。しかし、なんとなくイメージにはまる。

P.52 封獣ぬえ 絵師:黒兎(Kurot) えろい。絶対領域。ふとももすりすりしたい。胸元のリボンがいいよねぇ。

P.53 綿月豊姫 絵師:藍・Hallejujah 桃姫。とよちゃんちゅっちゅ。淡い感じのも好みに入る。ただ、この桃はいまいち桃に見えないな。おっぱいまんじゅうとかクッションとかそんな感じに見える。

P.65 ルーミア 絵師:草野ほうき もしかしたら、今回の一番のお気に入りかもしれない。少なくともキャラ単体ではトップにこれだ感。完璧な脳内イメージとの一致。幼過ぎず、EXルーミアのような過度の強さへの期待の反映がない。すばらしい。

P.91 紅い月に瀟洒な従者を 絵師:千葉サドル 咲夜さんふとももえろい。霊夢の顔と咲夜さんと視線が安定せず、絵を観ている目線が揺れ動く。主役が並列で交互に動くのが少し嫌な感じ。しかしわずかに咲夜さんのふとももの魅力が上回った。

P.105 雲の上の桜花結界 絵師:ろんど 最初にパラ見したときは残らなかった。でもなにかリリカに惹かれる。キーボードの湾曲がなぜか気に入った。こういう強調も好きかも。あとルナサのふともも。

P.107 彼の世に嬢の亡骸 絵師:やすゆき ふつくしい。。。とでもコメントするだろう感じ。幽々子は桜があうなー。頭のドリキャスがないのもまたキレイで儚い印象に貢献か?

P.108 妖怪の式の式 絵師:TOKIAME TOKIAMEの絵が好きだから補正はある。霊夢の顔の造形だけ見ればそうではない。ただ、服装と景色の桜、エフェクトが好み。

P.109 妖怪の式の式 絵師:樹人 表情がいい。橙の天真爛漫、魔理沙の不敵さ、いいね。

P.117 水の原型 絵師:燐 パチュリーとアリスだから。だけではなく、やはりこういったタッチがなにか好みに触れるな。パチュリー周りの髪の流れ、水をイメージ?の水色の線がいいね。対するアリスのスカートのなびきもいい。ブーツと黒ストッキングでふとももが垣間見えてとてもいい。

P.132 五つの難題 絵師:両神了 圧倒的に大きく、輪郭が不明瞭ながら大きな存在感を示す月を従えた輝夜。手に持つ蓬莱の玉の枝?が蛍光で存在を示し、主役が月でなく輝夜であることを主張する。カリスマ感じるとはこういうことか。いいね。

P.143 チルノ vs 幽香 絵師:9時 ゆうかりんがチルノの首をもぎとる3秒前と見える。バトルでも血が流れているわけでもない静かで穏やかな光景。姿勢だけで見れば仲睦まじい記念写真とさえ見える。ただ、あ、これチルノ死ぬなとしか思えない。不安にし想像させる。すごいね。

P.180 地獄のラブリービジター 絵師:meola 目に留まる。異な絵としての存在感。輪郭の弾ける霊夢の後姿の印象。おもしろい。

P.211 東方三月精 絵師:閏月戈 ルナチャイルド。ぺどい。いや、ロリかな。パーツがとてもよい相乗効果。月夜に金髪ドリルの幼女がぬいぐるみたくさんの部屋のベッドにぬいぐるみを抱きしめ口元を隠しながら座っている。帽子も服装もロリロリしい。金髪ロリ記号の一つの完成形。

P.216 東方儚月抄 絵師:藍・Hallejujah ゆかりんど・げ・ざの場面を美しくな感じに。その時その場面の豊姫と紫の関係をうまく再構成に思える。場の捉え方がおもしろく、きれいだね。豊姫ドロワか。それによって場面に集中できるがふともも見えたほうが嬉しいようなうーん。


終了。およそ10%が気に入ったというところか。ぬえとルーミアの単体絵、月を従えた輝夜、ど・げ・ざな紫と豊姫。この辺りが気分によって気に入ったトップを争う形かな。

|

« 感想:桐咲キセキのキセキ 著:ろくごまるに | トップページ | 理性の限界 »

同人感想(東方関係)」カテゴリの記事

コメント

東方幻想画の感想!参考になりました。ありがとうございました(o^-^o)

投稿: 同人誌館 | 2012年2月23日 (木) 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東方幻想画報 参:

« 感想:桐咲キセキのキセキ 著:ろくごまるに | トップページ | 理性の限界 »